ネリモノ系

Twitter: https://twitter.com/msbtjp

【開発合宿】おんやど恵に行ってきました

先日、開発合宿先をどこにしようか迷った末、湯河原にある「おんやど恵」に行くことになりました。

www.onyadomegumi.co.jp

ここに決めた理由としては、

  • 開発合宿プラン(安い!)がある
  • 開発合宿モニタープラン(ブログ掲載 + アンケートに答えると安くなる)がある
  • 会議室が24時間使える
  • ホワイトボードがある
  • Wi-Fiが使える(客室では使えなかったのは少し残念)
  • 電源が使える
  • 会議室内でも喫煙可能なのも喫煙者的には嬉しいポイント

といった、開発には必須の条件が一通り揃っていることでした。
これらが揃っている旅館はなかなかないですよね。
それから経営者が元エンジニアというのもなんだか親近感が湧きます。

写真を何枚か撮ったので載せていきます。

まずは旅館までに発生したポケモンGOを楽しむおっさんたちの図 f:id:Malan:20160726184337j:plain

海はいいですねえ f:id:Malan:20160726184959j:plain

あ!野生のポッポがとびだしてきた!(飛び出してない)
人に慣れてるのかかなり近寄ってきました。かわいい! f:id:Malan:20160726184440j:plain

お昼は外で
やっぱり湯河原は海鮮系がイケてます。 f:id:Malan:20160724130244j:plain

いよいよ旅館の近く 目の前に川が流れており、客室からも音が聞こえて最高に癒やされました。
ちなみに客室周辺にもそこそこレアなポケモンが出てきたところもポイント高いです。 f:id:Malan:20160726190226j:plain

旅館到着!
旅館の人たちが笑顔で迎えてくれました。 f:id:Malan:20160726184709j:plain

会議室へGO!
客室ははしゃぎ過ぎて撮ってないです...
f:id:Malan:20160726185207j:plain

楽しそうに開発をし始める人々
Wi-Fiは2.4GHzと5GHzが使えます。 f:id:Malan:20160726185346j:plain

水とお湯が用意してあり、お茶が飲めます
この水、やたらと美味くて大人気でした。 f:id:Malan:20160726185450j:plain

スピーカー
試してないけど柔らかい音が出そう。 f:id:Malan:20160726185457j:plain

絵画が気持ちを落ち着かせてくれます f:id:Malan:20160726185505j:plain

分別できるゴミ箱 f:id:Malan:20160726185526j:plain

使わなかったけど着脱式背もたれ f:id:Malan:20160726185542j:plain

ここからひたすら会議と開発です。

疲れて買い出しへ
もちろんポケモンGOを忘れません。
最低限、人や車がいないことを確認してからやりましょう。
f:id:Malan:20160726190408j:plain

その後温泉へ!
やっぱり露天風呂はいいですねー!
が、温泉は流石に撮るわけにはいかないので割愛。
そして軽く飲んで就寝。

朝起きるとすごいことになってました... f:id:Malan:20160726190544j:plain

まるでコレですね。
f:id:Malan:20160726191421j:plain

帰りの電車でもポケモンGO
電車内でも止まればそこそこゲットできますね。

そんなわけで開発もポケモンも捗りまくった合宿でした。
すごく居心地の良い宿だったのでオススメです!
開発合宿どんどんやりましょう!

www.onyadomegumi.co.jp

MediaPad T2 7.0 Proを買ってみた

最近(2年)ブログを書いてなくて、開発合宿があるので久しぶりに書いてみたら色々他にも書きたい欲求が湧いてきたので7インチタブレットを買った自慢でも。

7インチにしてはわりと軽くて持ってて疲れません。
写真だとわかりづらいですが発色も良好。
いくつか初期設定による使いづらさが目立つようですが、設定さえ変えれば快適そのものです。
設定についてはあとで書きます。

まずは写真から。

ケース!本体はゴールドなのにケースは青い! f:id:Malan:20160714192759j:plain

本体!ゴールドです! f:id:Malan:20160714192828j:plain

ロック画面!写真がオサレ! f:id:Malan:20160714192845j:plain

ホーム画面!普通! f:id:Malan:20160714192833j:plain

初期設定から変更したほうが良い項目一覧

  • カクつく

    • 設定 -> 省電力 -> 電源プラン -> パフォーマンス
  • スワイプしようとしたらタッチになっちゃう

    • 設定 -> ユーザー補助 -> 押し続ける時間 -> 普通
  • 音楽聞いてると音量が変化する

    • 設定 -> 音 -> SWSモード -> OFF

これだけやってればおk。
お好みで開発者オプションからアニメスケール調整などを0.5xにするとか、GPUレンダリングを有効にするとかで更に快適度アップです。

Android、メーカーがちゃんと設定してないと「押し続ける時間」が何故か「短い」になってるんですよね。
誤タップ増えるのではじめから「普通」にしておいて欲しいです。

何はともあれ軽くてサクサク動いてバッテリー持ちも良い優秀な端末じゃないかと思います。
Nexus7(2013)を中古で買うか悩んでたんですが、こっちを買って正解でした。
ポケモンGOが待ち遠しいですね!

開発合宿するために宿を調査

急遽、会社のみんなで開発合宿をやろうという流れになったのでいろいろと宿を探している状況でございます。

開発合宿にオススメ!旅館5選(Wi-Fiやモニタなど充実設備!) mitolab - 関東近辺の開発合宿に最適そうな宿10選 (2015年7月時点)

おんやど恵さんは開発合宿プランもやっていて第一候補
LAMPさんオシャレで楽しそうなところなんだけど長野ってのがなかなかハードル高め。

どこにしようかな。

socket.io 1.0 でいろいろ変更されてて大変だった

物凄く久しぶりに socket.io を使ってみたらいつのまにか 1.0 を迎えていたようで。 いろいろと互換性がなくなる変更があったようで、ちょっと古いコードを動かそうとしたら見事に怒られた。

まず socket#set, socket#get なんてメソッドないよって言われて混乱してたんだけど下記にようにやればいいらしい。

// 0.9 SET
socket.set('roomname', data, callback)
// 0.9 GET
socket.get('roomname', callback)

// 1.0 SET
socket.roomname = roomname;
// 1.0 GET
var roomname = socket.roomname;

あと io.sockets なんてないよって言われて困ったんだけど下記の通り。

// 0.9
io.sockets.socket(target).emit('message', message);
// 1.0
socket.to(socket.id).json.emit('message', message);

たぶんまだいっぱいハマりどころあると思うんだけど今のところこれぐらいしか困ってないのでわからない。

ScalaのList系メソッド・プロパティをPythonに移植してみた ListPlus.py

PythonのListってもう少し便利メソッドとかプロパティとか揃っててもよさそうなんだけど意外とそうでもなくて、そんなものなくても全然楽にやりたいことが実現できるからいままでこういうものが出てこなかったんだろうけど、なんというか「len() とか使うのもなんかなー」ってずっと思ってたので作ってみた。
#知らないだけで既にあるのかもしれない...

ListPlus.py: https://github.com/mshibata/listpluspy

ここの「2.2 リストの基本的なメソッド」に載ってるものは一通り実装したつもり。 http://bach.istc.kobe-u.ac.jp/lect/ProLang/org/scala-list.html

Scalaのドキュメント読みながら作っただけなので実際に同じ動作するのかよくわかってない。
Scalaについて調べてるとちょっと興味湧いてきたので今度使ってみようかな。

あと、「ここちげーよ」ってところがあれば教えてください。

Python2.7.5 for と while のパフォーマンス

あちこちで検証されてると思うけどなんとなく自分でも確認しておきたかったので。

gist7921647

n回目 while for
1 0.803988933563 0.746116876602
2 1.7643661499 1.62602615356
3 1.52424287796 1.45081782341

予想通りだった。
for のほうが早いねー。

submodule とか入れてると git status がクソ遅い件

普通に git status すると submodule の中身まで舐め回すようなので、
git status --ignore-submodules
とかつけとくと早くなる。

ただし副作用として、submodule の中身に何か変更を加えても modified とかにならないので気づけない恐れがある。
一長一短ですがあまりにも遅くて仕事にならん!みたいな人は試してみてもいいんじゃないかしら。